酵素と酵母の違いを教えて

最近では、健康や美容を意識する人たちが増えていることで、食品や飲料にも健康に良い素材を使用して販売されています。その中のひとつに、酵素と酵母を取り入れた製品がみられます。よく似た言葉になりますが、少し違いがあるようです。

 

酵母は、土や水中、植物、果実の表面、哺乳類などの体内に存在している、5ミクロン〜10ミクロン程の微生物になり、酵母には酵素も存在していることがわかっています。発酵食品としても知られており、天然酵母は熱や酸に強いことから、酵素もそのまま体内に届くことになります。

 

一方の酵素は、ヒトの身体に欠かせないもので、タンパク質や脂質、ビタミンやミネラルなどの栄養素を摂取した際、酵素の働きによって消化器官で分解して吸収し、エネルギーとして身体を動かすことができる重要な役割をになっています。体内で作られるものと、野菜や発酵食品などに含まれているものに分けられています。

 

体内で作られるものは、潜在酵素といい、消化と代謝の2つの種類があります。消化の方は、食べた物を消化して吸収する役割があり、代謝の方は、エネルギーや栄養を体内に届けて、身体を動かすための役割をもっています。この2つの種類は、加齢とともに体内で作られる量が減っていきます。そのため、身体の中にある消化と代謝の2つの酵素の量のバランスが、健康な身体を維持するためには、とても大切になります。消化に使う量を少なくして、代謝に使う量を増やすことが理想的といわれています。

 

野菜や発酵食品などを摂り入れることで、健康的なバランスにすることができますので、味噌や納豆食品、ヨーグルトなどを食生活に加えるのもいいでしょう。酵母にも酵素が含まれており、天然酵母は腸のなかで食物を発酵させる働きがあるようです。現在では、食品や飲料に含まれている製品がありますので、摂取されてはいかがでしょう。身体にとって必要な成分になりますので、積極的に摂り入れたいものです。