酵素が不足するとどんな悪影響が出る?

酵素は、人間の生命維持活動すべてにかかわっているため、不足するとあらゆる生命活動に影響があらわれます。ただし、酵素が不足したからといって、内臓器官が停止したり、いきなり呼吸ができなくなることはありません。酵素には、消化や吸収、代謝の働きがあるため、不足することでこれらの働きが低下し、身体になんらかの異常があらわれていきます。

 

その中でも深刻なものが、血液をドロドロになります。人間は、食べ物を摂取すると、分泌された唾液の中に含まれている消化酵素であるアミラーゼによりデンプンが分解されます。人間に必要な栄養素の一種であるデンプンは、このままでは身体に吸収することができないため、体内に消化吸収されやすいようにアミラーゼによりブドウ糖へと変化させます。酵素が不足すると、アミラーゼがたりなうなるため、デンプンを十分に分解できなくなります。その結果、ブドウ糖がかたまりのまま血中に入り、赤血球同士をくっつけてしまい、血液がドロドロになります。血液がドロドロになると、血液循環が悪くなるため、栄養や酸素が体内に行き渡りにくくなるため、あらゆる不調や病気を引き起こすことになります。

 

消化酵素が不足した場合は、腸の消化活動が低下するため、便秘になりやすいです。代謝酵素が不足した場合は、新陳代謝が低下します。新陳代謝が低下すると、肌荒れや免疫力の低下により風邪などを引きやすくなります。さらに、ダイエットをおこなっても痩せなくなります。このように、健康面でも美容面でも悪影響がでてきます。

 

酵素不足を解消するためには、生活習慣の改善や外部からの摂取により補うことになります。生活習慣の改善としては、睡眠不足やストレス、夜食、暴飲暴食などは控えることです。不健康な生活をおくるほど、消費量が増えるため、足りなくなっていきます。外部からの摂取としては、生野菜やフルーツ、発酵食品などを積極的に食事に取り入れることです。