酵素を多く含む食品を積極的に摂ろう

 

酵素を多く含む食品を積極的に摂ろう

 

体には食事による栄養バランスが必要です。このバランスが崩れる栄養過多や栄養失調になり、逆に太り過ぎたり、痩せずぎたりして、生活習慣病のリスクが高くなったり、あるは免疫力が落ちガンになるなど様々な悪影響がでます。健康でいつづける生活ためにもバランスを考えた食品をとりつづけることが大切です。
しかしながら現代の日本人は、肉食中心の食の欧米化から偏食傾向にあり、食生活の乱れはよく指摘されいます。三大疾病の発症の割合が年々高くなっています。この現状をよくするためには、昔の日本食の良さはよく言われています。

 

その食品の中でよくいわれるものが発酵食品の代表である納豆です。納豆はナットウキナーゼという血をサラサラにする酵素を多く含みます。そもそも酵素は、体の中の生命維持のための回路を活性化さて機能をよくしたり、体の免疫機能を高めたり、あるいは食品の消化吸収を助けたりするものでかつての日本食によくふくまれるものです。この酵素をうまくとりいれて毎日の食生活を質のよいものにするべきです。

 

納豆のナットウキナーゼには、また別に重要な機能があります。それは血流の中の血栓をつくること防ぐことで脳梗塞や心筋梗塞を予防にも効果があります。一日一パックで十分の酵素がとれますので予防としては経済的です。

 

後はみそです。味噌汁を飲まない日本人が増えていますが、それはもったいないです。味噌汁で相当の栄養がとれます。大豆由来のものなので大豆イソフラボンは、女性にはホルモンバランス調整の効果があり、イソフラボンは脳によく、認知症予防にも効果があると言われていますが、塩分が多いのでその点を気をつけて摂取したほうがいいです。あまり塩分が多いと今度は高血圧に注意しなければならないからです。

 

このように簡単に毎日とれるものから酵素を含むものを摂って、普段から手軽に健康貯金をしたほうが後々病気になりお金も体も苦労するよりもずっといいことだと思われます。