消化酵素と代謝酵素について解説

生命活動を円滑に行うためには、酵素の働きがとても重要です。タンパク質で構成されている酵素は、食べ物の消化と吸収、細胞の代謝、活動エネルギーへの変換などで活躍する物質になり、欠かせない存在になっています。酵素は大きく分けて消化酵素、代謝酵素、食物酵素の三つに分類されます。

 

消化酵素は唾液や胃液、腸液、膵液に含まれていて、食べた物を分解して栄養素を吸収しやすくする役割を担っています。消化酵素をさらに細かく分けると、炭水化物分解酵素とたんぱく質分解酵素、脂肪分解酵素があります。これらの消化酵素は器官によって分泌される種類が異なり、例えば唾液には炭水化物分解酵素が、胃液にはたんぱく質分解酵素が含まれています。

 

代謝酵素は消化酵素によって分解された栄養素を体内に吸収した後に活躍する酵素です。分解された栄養素は血管を通ってそれぞれ適切な場所へと送られていきます。タンパク質は筋肉や皮膚などを生成し、ブドウ糖やアミノ酸などはTCAサイクルの働きで活動エネルギーに変換されます。この際に栄養素を利用目的に応じて変換するために必要になるのが代謝酵素で、他にはホルモン分泌やアルコールや活性酸素の解毒、自律神経のバランスを整える働きにおいても利用されています。

 

体内の酵素量は一定になっていて、消化酵素を大量に消費して足りなくなってしまった場合には、代謝酵素がその働きを手助けします。反対に、アルコールの解毒などで代謝酵素を使いすぎてしまうと、消化酵素が代わりに働いてくれます。そのため、どちらか一方の酵素を大量消費してまうと、もう片方の働きが鈍くなってしまう結果になり、食べ過ぎて消化に酵素を使いすぎると代謝が悪くなりエネルギー変換が滞ってしまうといった状態になります。

 

食物酵素は野菜や果物、発酵食品などに含まれる酵素で、消化の手助けをしてくれます。食物酵素を補うことで、消化酵素と代謝酵素の働きがスムーズになり、活動的な生活の維持につながります。